抗がん剤治療

m抗がん剤治療は、つい最近、家の者が受けましたので、その大変さは少しはわかっています……本人も家族も忍耐の毎日でした。

身体に副作用がいろいろたくさん出ますので、それがつらい上に、髪が抜けたり毛が抜けたり、心もしょげちゃうんです。



そんな抗がん剤治療の副作用を軽くするために通っている患者さんもいます。

余分な抗がん剤は早く身体の外に出してしまうほうが良いので、循環を良くする。肝臓の働きが良くなるように施術する。 

その辺を念頭に置いて施術していますが、 その方によると、予想していたよりも身体が動く、と喜んでくださっています。

抗がん剤治療中も仕事はなるべく休みたくない、と当研究室に通われています方ですので、このままの調子で行けるように、ますます頑張って施術する所存です。






先週、栗を頂いたので、ご飯作ってみました。
栗の皮、思っていたほど硬い殻ではなかったですが、ひとつひとつ剥く作業は手間のかかるものですね。

ホリスティック医学の日本の権威、帯津良一先生と。


神奈川新聞

2013/3/13


当研究室が協同で行っている「ご飯を食べよう運動」が、農水省「フードアクションニッポン」

2014年度入賞!

 

2012年の受賞に続き、2度目の快挙を遂げました!



twitterで本日の予約状況やブログの更新などの情報を確認できます。


福島県の天栄米栽培研究会さんを、2011年震災後より現在に至り継続支援しています。写真は2015年の天栄米新米コンクールの様子。


共著「みんなの朝食日記」
共著「みんなの朝食日記」
12/14)FM YAMATO「レレデビー一致のcooking music」
>> 続きを読む

きょうは卵チャーハン弁当.挽肉みたいに見えるのは酵素玄米で、少しだけ残っていたので炒飯...
>> 続きを読む



横浜くりこ庵のイメージソング

「たいやきくりこちゃん」

市瀬の作詞作曲。