低血糖 で倒れた

ちょっと前のことになりますが、4/6に大和駅前の花見関連のイベントに呼ばれて、午前中に手伝いをしていました。

ご老人の方ーPさんーもいらっしゃっていて、そのPさんも手伝いで来ていたのです。
いつも通りの感じだったのですが、自分のバンドが演奏を終えて楽器の片づけをして、さあ横浜西口へ戻ろうとしたら、椅子に座っていたPさんがぐったりしているんです。

なんだなんだ?っと思って駆け寄って、どうしたんですか!っと声をかけたら、意識の混濁はあるのですが反応するので、とりあえず機材運搬車に載せて(けっこう大変でした)横になってもらいました。

ちょっと休ませておけば大丈夫だよ、っと助言する方もいて、でも、Pさんの様子を見るに休んで快復するような感じもなかったので、このまま放っておいていいものか、躊躇していました。

そういえば、Pさんは糖尿病とか言っていたっけ、と思い出し、まさか低血糖?  まさか、っと自分が口にしたら、自分のバンドのメンバーが低血糖の症状で倒れた人と似ている、っと話し出して、まだ少し躊躇もあったのですが、救急車呼びました。


イベント会場に救急車が来て、その後は集まった役員さんたちにお任せしましたが、
病院に着いた時は昏睡のて前であと10分遅かったら、たぶん間に合わなかっただろうと
言われたそうです。

低血糖のことは知ってはいましたが、実際に目の前で倒れた方を見たのは初めてでした。

あのまま車の中で休ませておいたら、車の中でお亡くなりになっていただろうと思うと
空恐ろしくなりました。

皆さんももし糖尿病の方が意識混濁していたら、迷わず救急車呼びましょう!

ホリスティック医学の日本の権威、帯津良一先生と。


神奈川新聞

2013/3/13


当研究室が協同で行っている「ご飯を食べよう運動」が、農水省「フードアクションニッポン」

2014年度入賞!

 

2012年の受賞に続き、2度目の快挙を遂げました!



twitterで本日の予約状況やブログの更新などの情報を確認できます。


福島県の天栄米栽培研究会さんを、2011年震災後より現在に至り継続支援しています。写真は2015年の天栄米新米コンクールの様子。


共著「みんなの朝食日記」
共著「みんなの朝食日記」
高菜のおひたし
>> 続きを読む

今夜のFM YAMATOとたこ飯弁当
>> 続きを読む



横浜くりこ庵のイメージソング

「たいやきくりこちゃん」

市瀬の作詞作曲。