福島のお米農家支援の報告

当治療室で行っています福島県天栄村の天栄子ども夢学校・天栄米栽培研究会への支援のご報告です。

 

先日、また10名分(1500円×10名=15000円)が集まりましたので、早速振り込んでまいりました。 秋の新米が楽しみですね!

 

 

今後も長く支援を続けて行きたいと思っています。

福島県の農作物に対しては一人一人考えを異にする複雑な問題ですが、昨年の今頃とは農地・水田の状況が変わったのは確かだと思います。 

 

幸い天栄村は中通りにありながら放射性物質の落下が少なく、お米農家の皆さんは確実に安心できる、美味しいお米を作ろうと研究されているそうです。

 

2011年度の天栄米の放射性物質の検査はND(検出限界値未満)で放射能は検出されませんでした。

 


ホリスティック医学の日本の権威、帯津良一先生と。


神奈川新聞

2013/3/13


当研究室が協同で行っている「ご飯を食べよう運動」が、農水省「フードアクションニッポン」

2014年度入賞!

 

2012年の受賞に続き、2度目の快挙を遂げました!



twitterで本日の予約状況やブログの更新などの情報を確認できます。


福島県の天栄米栽培研究会さんを、2011年震災後より現在に至り継続支援しています。写真は2015年の天栄米新米コンクールの様子。


共著「みんなの朝食日記」
共著「みんなの朝食日記」
高菜のおひたし
>> 続きを読む

今夜のFM YAMATOとたこ飯弁当
>> 続きを読む



横浜くりこ庵のイメージソング

「たいやきくりこちゃん」

市瀬の作詞作曲。