顎関節症の症例

■開口障害 2015/2/9 投稿

右顎関節の開口時の痛み。40歳代女性。2014/11月来院。

右咬筋の拘縮状態、および頚椎2番と3番の右の関節の動きが非常に制限されている。首も右に傾き気味。

咬筋による典型的な開口障害とした。

頚椎2番へのアジャスト、咬筋弛緩アプローチのほか、首の筋肉も全体的に硬く、骨格全体の調整も行う。 開口障害はその場で軽減する。
その後2回の治療を行い、解決した。 現在は月に一度の間隔で体調管理で通われております。


■ 発声障害 2015/2/9投稿

二ヶ月に一度程度、声がうまく出せなくなると当研究室へ来院。40歳代女性。
2013/10から発声に関わる治療を始める。


もともとはフルマラソンに出場するためのメンテナンスで、以前から通院中。
その後、周期的に起こる発声障害があることを伺い、原因を探った。


精神的ストレスはない。

顎関節・舌骨周辺を調べると、舌骨が上方に偏っており、さらに右側の方が強く上方に偏っている状態。顎関節も左がスムーズなのに対し、右の顎関節は僅かにクリック音もしている。


頚椎 特に上部頸椎の左右関節の動きをみると、頚椎1番が右側方に寄り、2番の左の椎間関節の動きがほとんどないことがわかる。


いつも行っている治療の他に、舌骨周辺部の筋肉へアプローチ、上部頸椎の調整を加えることとした。

患者さんとは舌を動かす運動と、腹式呼吸の練習をして、様子を見てもらっているが、その後は一度も発声障害は起きていない。

ホリスティック医学の日本の権威、帯津良一先生と。


神奈川新聞

2013/3/13

当研究室が協同で行っている「ご飯を食べよう運動」が、農水省「フードアクションニッポン」

2014年度入賞!

 

2012年の受賞に続き、2度目の快挙を遂げました!



ラジオ番組「レレデビー一致のcooking music」
毎週金曜日の夜22時から、自分がパーソナリティをやっているラジオ番組「レレデビー一致のcooking music」放送です。FMやまと(77.7MHz)金曜22:00〜22:30健康と食べ物と音楽の話が中心で、ためになる内容満載です!金曜日の夜で聞き逃しやすい時間帯ですが、よかったら聴いてくださいね。
>> 続きを読む

今夜ラジオ放送です
1月27日(金)「レレデビー一致のCookin' Music」放送します!FMやまと(77.7MHz)22:00-22:30。食べ物と健康と音楽の番組です。パソコンのサイマル放送か、スマホアプリのTuneIn Radio、ラジオ日本、リスラジなどでお聴きになれますー。お時間空いてましたら聴いて下さいね。  アイリスオーヤマの「暮らし便利ナビ」素敵ライフ☆朝ごはん、で紹介されました。https://www.iris-kurashi.com/kitchen/m..
>> 続きを読む


twitterで本日の予約状況やブログの更新などの情報を確認できます。


天栄村へ稲刈りに行きました。


福島県の天栄米栽培研究会さんを、2011年震災後より現在に至り継続支援しています。写真は2015年の天栄米新米コンクールの様子。


共著「みんなの朝食日記」
共著「みんなの朝食日記」
いわしの米粉焼きと玄米
>> 続きを読む

舞茸ご飯弁当
>> 続きを読む



 


横浜くりこ庵のイメージソング

「たいやきくりこちゃん」

市瀬の作詞作曲。