自律神経失調症

←症例はこちら





原因のよくわからない頭痛めまい耳鳴り吐き気動悸息切れ・喉の違和感・腹痛・便秘下痢・生理痛・不眠症などは、病院で自律神経失調症と診断されることがあります。


カイロ的に言いますと、姿勢や筋肉の緊張は自律神経のひとつ、交感神経を亢進させるので、自律神経失調症への悪影響そのものです。


例えば、猫背姿勢はそれだけで、交感神経の緊張を高める、とされています。

首の筋肉が凝りすぎている人は、脳血流に影響を与えて、常に頭の中が晴れない気分になります。

冷房による冷えは、表皮の温度感覚を狂わせ、筋肉を硬化させて、冷え性へ発展します。


 


 カイロではまず、骨格のゆがみを治します。骨格のバランスが整ってくると、自律神経系の交感神経の高まりがおさまり、全身の血流、特に脳への血流が改善し、緊張している自律神経の中枢に栄養や酸素がいきわたり、頭の中がすっきりし精神的にも落ち着いた状態になります。 

 

からだの代謝があがり、また体温も上がり、筋肉も柔らかくなり、 内臓の機能も高まり、自律神経のバランスが正常になり、自律神経の失調が解消されます。


自律神経失調症は早めに対処することをお勧めします。

なぜなら、うつ病と診断される事態に発展する可能性があるのと、

自律神経系の乱れが、ガンなど大病の始まりになるかもしれないのです。 





ご予約方法

ご予約はお電話で「ホームページを見て……」とお話し下さい。

フリーダイヤル 0120-05-2407

 

関東近県以外の方は、045-320-2407 へお願いいたします。

  

メールでのお問合せ、ご予約はこちらからどうぞ→お問い合わせ

 

220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口201 日本カイロプラクティックセンター横浜西口研究室